小さな子供連れ旅行者にとってのHGVCの魅力

なんの予備知識も持たずにHGVC購入を決めてしまった我が家ですが、1度使用してしまったらその魅力の虜になってしまいました。

子供ができるまでの私の旅行スタイルは、朝から晩までガンガン観光地を巡り、おいしいものをたらふく食べて、ホテルには寝に帰るだけ。格安ホテルでもなんら問題なく、楽しい旅行をいっぱい経験してきました。

しかし、子供が一緒になり旅行スタイルがガラッと変わりました。

子供との旅行は、何事も計画通りに進む保証はないですし、いつ洋服を汚したり、ぐずったり、体調を崩したりするかもわかりません。今まで以上に衛生面や食事内容は気になりますし、子供の体調や機嫌の突然の変化に対応できる余裕のある旅行計画が必要になりました。

その多くの心配がHGVCを利用することで解消されたのです。

日本語スタッフが常駐しているので、緊急時の対応、相談も心強い

2度目のハワイ滞在時に、2歳の息子が40度近い発熱をしました。幸い緊急時の対応をお願いするまでには至らなかったのですが、日本語が話せるスタッフがいてくれる心強さを痛感しました。

また、ディナーの予約や、現地ツアーの予約、集合場所までの道順など、やはり細かいところは日本語で教えてもらったほうが安心です。

コネクティングルームを探さなくていい

我が家は子供ができてから、ジジ、ババやほかの家族との旅行することがとても増えました。共働きの私たちを日々支えてくれているジジ、ババへの感謝の旅行でもあります。

ホテル滞在の場合、コネクティングルームが取れるホテルを探し、追加料金を支払わなければなりませんでした。しかし、HGVCのタイムシェア・リゾートのお部屋は十分な広さがあるためその必要がなくなりました。

部屋からビーチ、プールがすぐそば

部屋を出て、エレベーターで下に降りたらそこはすぐビーチ、プール!

子供が飽きてぐずる、おなかが減った、おっぱいが飲みたくなった、眠くなった、忘れ物をした…なんでもすぐに対応可能です。

小さな子供を抱え、タオルやおむつや、お砂場遊び道具に、お気に入りの大きな浮輪、おやつにジュースを持ち…ホテルからビーチまで徒歩数分…と部屋からビーチまで数十秒では小さい子供がいるときは全然違います。一休みやお昼を食べにお部屋に帰るのも、庭から家に戻るような感覚です。

我が家がグランド・ワイキキアンにアップグレードした大きな理由がこれです!

ホクラニ・ワイキキはDFSの斜め向かいに位置し、都会のホノルルとリゾートのホノルルのいいとこ取りというような立地ですので、若い二人や友達同士での旅行、お子さんがある程度大きくなられたご家族にはお勧めです。しかし、ビーチまでは少し歩かなければなりませんし、ヒルトン・ハワイアン・ヴィレッジのプールは使用できません。(ホクラニ・ワイキキの屋上にスタイリッシュなプール、ジャグジー、おしゃれなカバナ、バーが付いています。)

しかし、今の我が家で最も重要なことはいかに子供が楽しめるプールとビーチ、特にデューク・カハナモク・ラグーンへのアクセスがいいかということです。クラブ予約でグランド・ワイキキアンに宿泊し、その使い勝手の良さに納得しアップグレードしました。

多様なアクティビティー

リゾートならではですが、毎日大人も子供も楽しめる様々なアクティビティーが開催されています。

ヒルトン・ハワイアン・ヴィレッジでは、5歳以上になれば「キャンプ・ペンギン」という、有料のキッズプログラムが開催されており、日によってホノルル動物園に遠足に連れて行ってくれたりします。

洗濯機、乾燥機が使用できる

これも子供連れには本当にありがたいです。

砂だらけの水着も毎日洗えますし、もっていく洋服の数を減らすことができます。

ハワイはラナイに洋服を干すことができないので、乾燥機が使えないと部屋干しになってしまします。

洗剤はアメニティーでもらえますので持参する必要はありません。

バスタブ、ウオシュレットがある

ホテルによってはシャワールームのみというところも多いと思いますが、HGVCは日本人のオーナーが多いこともあり、バスタブが付いています。遊びすぎて冷え切った子供もこれでほっと一息です。

フル装備のキッチン

ホテル泊のハワイ旅行の時にはレストランを利用していたので、お金も時間もかかるし、おいしいけれど毎食だと味も飽きてくるし、量が多くて日本に帰ってくる頃には胃もたれ気味でした。

HGVCのお部屋には広々としたキッチンがあります。(こちらはラグーンタワーのキッチン)

その内容は、電子レンジ、オーブン、食洗器、炊飯器、フライパン、鍋、やかん、まな板、包丁、グラス、コップ、トースター、トング、ターナー、カトラリー、ワインクーラー、皿、ボウル、オープナー、ガラスボウル、レードル、スパチュラ、計量スプーン・カップ、コーヒーメーカー、ミキサー、キッチンペーパー、ごみ袋、スポンジ、洗剤、マット、コースター、これらが置かれています。

地元の新鮮な食材で手軽にママの味を提供することができますし、滞在費も安くなり、日本に帰り着く頃の体調が目に見えて良好でした。食べ物でこんなに変わるんだと実感しました。

日本からお米を持って行って、おにぎりを作って一日中ビーチで遊んだりもできますよ。

HGVC、旅のスタイルに合えばとってもお勧めです。特に小さなお子さんのいるご家庭には本当にお勧めです!楽しいバケーションを!

それでは、いい旅を!

より多くの方にタイムシェアの魅力を知っていただきたく、ランキングに参加しております。応援していただけると励みになります。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村


にほんブログ村

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

セーブドポイント申請手順 :来年のバケーションに向けて

収支報告 2015年

2017年の年間管理費…安くなってる?!支払い方法について。

4/28から!HGV小田原。注目のポイント数を聞いてみた。

放棄するか…繰越すか…それが問題なんです

特典付きHGVCご紹介プログラム