ヒルトン沖縄瀬底リゾート宿泊記1

2022年夏休み開始とともにヒルトン沖縄瀬底リゾートに宿泊しましたので、ご報告です。(沖縄県の感染予防対策に則り、往復の飛行機搭乗前にコロナ陰性確認を行い、滞在中はホテルスタッフ以外の島民の方との接触は極力避けて滞在しております。)

今回は大人2人、6歳以上1人、6歳未満1人の四人で利用しました。

エリートステータスはダイヤモンドです。(クレジットカードによるダイヤモンドステータス獲得方法はこちら

空港からホテルへ

通常は那覇空港からホテルまでは直通バスは出ていないのですが、夏休み期間(2022年は10月2日まで)は午前、午後と一往復ずつ出ておりました。

【公式】【期間限定】ホテル・那覇空港国内線ターミナル間 直通バスサービス運行 | ニュース&トピックス | 沖縄・瀬底島のホテルなら【ヒルトン沖縄瀬底リゾート】 (hiltonjapan.co.jp)

我が家は11時に那覇空港に到着し、空港の沖縄そばでお腹を満たしたあと、12時那覇空港発の直通バスに乗りました。

全30席で、大人2500円、小学生以上1500円、未就学児無料でした。

事前予約が必要で、一週間前くらいにホテルに電話し予約しました。

バス乗り場は出口を出て、左手に見える2番バス乗り場です。そのとなりに色々なホテル行きのバスが停まるので少し焦りますが、2番乗り場のバス停になります。

12時少し前にバスが到着し、乗り込みましたが、予約客は我が家のみで貸し切り状態でした。ホテルまでは約二時間、バスにお手洗いはついていませんが、途中でトイレ休憩をとってくれますので安心です。

チェックイン

本来であれば、ヒルトンオナーズの優先チェックインカウンターがありますが、今回はコロナ禍でもあり人員が足りないのかチェックインカウンターは全員同じでした。ダイヤモンド会員のラウンジでのチェックインも中止されていました。

そのため、チェックインカウンター前には列ができていて、20分ほどでしょうか、結構並びました。チェックインでまたされることは今まであまりなかったので初めてのことでした。

部屋の準備が整う15時まで少し時間があり、先にエグゼクティブラウンジへのアクセスキーのみ発行していただき、お部屋の準備が整い次第ラウンジにご連絡いただけることになりました。

また、ダイヤモンド会員はプールサイドのカバナが毎日2時間まで無料ということで、滞在中の予約をチェックイン時に受けてもらえましたよ。

エグゼクティブラウンジでティータイム

ダイヤモンドステータスになってよかったなと実感するのが、やはりラウンジへのアクセス権ですね。

今回もお部屋の準備が整うまでの30分程度ですが、おいしいおやつを食べながら涼しいところでゆっくりできました。

こちらのラウンジは9階にあります。カードキーをかざすと、アクセス権のある方のみ各階のボタンが押せるタイプのエレベーターです。

我が家が滞在した時のラウンジの営業時間は、朝食(7時~10時)、ティータイム(2時半~4時)、イブニングカクテル(1部 17時~18時 2部 18時~19時)、終了は20時45分でした。

ラウンジのお席はこんな感じ。

多くがテーブル席ですが、ソファー席もありました。大人数のゲスト要と思われます。

ラウンジはもちろんオーシャンビューですので、サンセットは最高でした!

土曜の夜の花火、私たちはプールから楽しみましたが、ラウンジから見ることもできますよとご案内いただきました。

暑さでのどはカラカラだったので、コーラやゴーヤ入り野菜ジュースにさんぴん茶などの冷えたドリンクと紅芋クッキーや抹茶ショコラといったおいしいスイーツをいただき、一休みです。15時にはお部屋が整い、お部屋へ移動できました。

次回はお部屋とレストランをご紹介します。

それでは皆様、良い旅を!

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

初めてのハワイアン航空

ネックは管理費か、マウイ島

ヒルトン小田原リゾート&スパ 2

マイル報告!とうとう特典航空券?!

楽々!ハワイアンエアラインマイル無料譲渡

オーナー説明会にご招待頂きました。