移動は身軽に。空港から自宅まで宅配便の使用。

空港から自宅へ荷物を宅配してくれるサービスがあることは知っていましたが、子連れになるまでは使用したことがありませんでした。

とはいえ、往復で4000円前後、片道で2000円前後かかってしまいます。それなら頑張って持って帰るわ…と思っていました。

初めて使うきっかけになったのは、ゴールドカードに付帯されていたサービスでした。片道のみ、手荷物1つ、宅配が無料だったのです!これは使わねばと、初めて使用してみました。

我が家では、ババが一緒に行くときは休暇の最終日ぎりぎりに帰国し、翌日パパとママは出勤しますが、坊っちゃんは1日保育園を休ませてババとゆっくり1日過ごしてもらうようにしています。

そのため、ババのスーツケースから事前に我が家への1泊分の荷物を抜き、残りは空港からババの自宅へ宅配便で送るようになりました。

そうしたらこれがめちゃくちゃ楽だったんです。

我が家はハワイ8日の旅行でも3人でスーツケース1つ(HGVCで旅行するようになり、洗濯、乾燥が毎日可能になったことと、お土産予約宅配サービスを使用しているため。)ですから、パパがスーツケースを持てばママとババは小さな手荷物のみで走り回る坊っちゃんの面倒をみればよくなりました。

大きくて重い手荷物でしたら、疲れている帰りだけでも利用価値はあると思いますよ。

インターネットでの事前予約で割引が受けられたり、各種クレジットカードに割引が付帯されていることがありますのでご確認ください。

年会費無料ですが空港への宅配サービス優待が受けられる楽天カードはこちらからも発行できます。また、楽天カード優待などの詳細記事はこちらから。

パンダバナー

 

また、自宅から空港へ輸送するときは各サービス会社の受け取り可能時間にご注意くださいね。

それでは、いい旅を!

より多くの方にタイムシェアの魅力を知っていただきたく、ランキングに参加しております。応援していただけると励みになります。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村


にほんブログ村

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2020年の年間管理費は…!

JALマイルでハワイへの道-税金編

子供連れ旅行ならではの持ち物リスト

セーブドポイント申請手順 :来年のバケーションに向けて

ダイヤモンドステータスになりました!

ヒルトン小田原リゾート&スパ 2