ヒルトン沖縄瀬底リゾート宿泊記2 オナーズポイントで5連泊! 

今年は行動制限のない久しぶりの夏休みですね。

我が家は夏休みに入ると早速、ヒルトン沖縄瀬底リゾートへ宿泊してきましたので、ご報告します。

今回はHGVCではなくホテルの方に宿泊しました。

その理由はクレジットカード利用で手に入れたダイヤモンドステータスを満喫するためと、年末にHGVCポイントからヒルトン・オナーズポイントへ移行しておいたポイントを使用してお徳に宿泊するためです。

ヒルトン・オナーズポイントで5連泊

ツインのスタンダードルーム1泊79000ポイントで5泊の宿泊です。今回の宿泊はHGVCポイントから移行したヒルトン・オナーズポイントで支払いました。現在我が家はヒルトンクラブの会員のため、オナーズ・ポイントへの交換比率は1対50です。(詳しくはこちら

昨年末にオナーズポイントに移行しておいたHGVCポイント315000ポイントに、アメックスプレミアムカードなどで貯めた1000ポイントを合わせて支払いました。

以前お話した通り、ヒルトンホテルには5連泊以上で5泊目無料の特典がありますので、今回は316000ポイントで5泊できました。

この滞在が現金ではどれくらいのお値段になるか計算しました。

今回の宿泊は大人二人、小学生1人、未就学児1人です。予約時のお部屋代はヒルトンオナーズ価格で60417円/泊に13%のサービス料でした。我が家はHPCJにも加入しているため、宿泊費が25%割引となります。それでも46238万円/泊+13%のサービス料でした。

そのため、5泊での合計は約42万円(HPCJ 32万円)でした。

これを、年会費約18万円で手に入れたHGVCポイントで支払ったことになりますので、約24万円(HPCJ割引使用時14万円)のお得になりました。本当はハワイのタイムシェアに行きたかったですが、納得のお得感です。

ポイント宿泊の際はサービス料は無料

5泊目無料と並んで、ポイント宿泊の大きなお得ポイントは、サービス料がかからないことです。

通常であれば1泊につきお部屋代の13%がサービス料としてかかりますが、ポイント宿泊の場合はこちらもかかりません。今回も約5万円相当のサービス料が無料になっています。

いかがでしたか?タイムシェアは高額な管理費が購入の際の課題になりますが、HGVCのポイントとオナーズ・ポイント、上手に使うと管理費分は取り戻せますよ。

このようなことができるのも、瀬底のオーナーになることで得られたヒルトンクラブの会員だからです。ヒルトンのタイムシェアご購入を検討中のかた、瀬底おすすめです。お得な特典付きのご紹介もできますので、ぜひご連絡ください。

 

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

子供連れ旅行ならではの持ち物リスト

2018年収支報告-購入費用回収はもう目前?!

ショック!WAONが収納代行終了…

ラグーンタワー スタジオ

JALマイルでハワイへの道-moppy編

ヒルトン東京ベイ。初めての宿泊付きHGVC説明会へ参加。