ホクラニ・ワイキキ宿泊 旅行記 (2015.10)

HGVCオーナーになり初めてのタイムシェア・リゾート宿泊です。

使用ポイント

今回はリゾート購入時にいただいた4200ボーナスポイントでの宿泊です。

1ベッドルーム・プラス 5泊6日 3,720P

間取り

バスタブ

シャワールーム

 

室内面積 約54㎡(図にトイレがありませんが、実際はバスタブの横にあります。)

旅行者

パパ、ママ、息子3歳2か月、ババの4人での旅行です。

飛行機

往路 JAL 金曜夜成田発 ホノルル空港 朝7時半到着。

復路 JAL ホノルル空港 12:25発

日程

1日目

チャーリーズ・タクシー(チップ込み$35)で空港から移動。

8時半~9時 ホクラニ・ワイキキ到着。

タクシーのページにも記入しましたが、ツアーじゃないとあっという間にリゾート到着です。チェックインの時間は16時。それまで荷物を預かってもらってビーチにでも行くかと思っていました。でもそれまで子供の機嫌や眠気がもつかどうか不安でした。

チェックインカウンターで荷物を預けると、「水着だけ抜いて、屋上のプールで遊んできたら?カバナもあるし、ゆっくりして。部屋の準備ができたらすぐ入れるようにするから」と言われました。ありがたい。喜び勇んで屋上へ。

 

11時 チェックイン

結局11時にはお部屋へ案内していただけました。広い!モデルルームよりずっと広い。約54㎡だそうです。

築40年の我が家のマンション、壁芯で60㎡の2LDKですから…広いわ。

12時 「チーズバーガー ビーチウィーク」

お昼はお部屋に置いてあった割引券から近くのお店を選びました。ホクラニ・ワイキキの出口を出てすぐ、本当に出てすぐ!のところにあるハンバーガー屋さんへ。チーズバーガーを食べました。お腹いっぱいになったので早く準備してもらえたお部屋でみんなでお昼寝です。

16時 近くのショップ巡り

17時~19時半 「ザ・ビーチ」モアナ・サーフライダーで夕食($100)

2日目

ゆくっりおきて 朝食 自炊

10:45 ホクラニ・ワイキキ HGVC説明会のお迎えが来てくれました。

11時 HGVCオーナー説明会

そのまま、デュークカハナモク・ラグーンでランチ。クーポンを使ってSubwayでto go。

17時 ホクラニ・ワイキキのウェルカム・パーティーへ

屋上のカバナ、バーを使って宿泊者対象のウェルカム・パーティー。ドリンクと軽食が無料でふるまわれました。なんとも贅沢な時間です。

夜はゆっくりするパパと息子を残し、すぐそばのDFSへババとお買い物へ。

3日目

8時 「Wailana Coffee House」でホットケーキのモーニング(合計$33)

お代わり自由で、地元の方にも人気なホットケーキ屋さん。でも、お代わりなんかできないボリューム!山盛りのスクランブルエッグと、カリカリベーコンに薄くてしっとりしたホットケーキがてんこ盛り。大きなコーヒーカップとポットいっぱいのコーヒー。お腹ポンポンでした。

ヒルトン・ハワイアン・ヴィレッジのすぐそばにあるので、ビーチ用品をすべて持って朝ごはんに行きました。そのまま、目的のデュークカハナモク・ラグーンへ。

お昼は持参したおにぎりをラグーンのそばで食べました。

12時から23時 カルチャーセンターへのオプショナルツアーへ参加($165×3)(園内バギー$15)

4日目

朝から海へ行く準備をして

「ザ・ベランダ」モアナ・サーフライダーで朝食($100)。昨年初めてハワイに来た時に食べてからすっかり虜。毎回行ってます。

朝食のあとはビーチでのんびり。

お昼にホクラニ・ワイキキに帰ってきて、お昼ご飯をホクラニ・ワイキキのロビーにあるレストラン「Cafe Mana Mona」でお弁当を買ってお部屋で食べました(全部で$30)。

このお店では日本語メニューもありますし、おにぎりや、豚の生姜焼きなど日本人好みのお弁当が用意されています。日替わりのメニューもあったとおもいます。やや割高ですが、おいしかったです。

14時~15時 「Cafe Mana Mona」のカルチャーイベントでしおり作り

「オヘ カパラ」といってハワイに古くから伝わる竹のスタンプです。模様にそれぞれ、意味があり、古代ハワイで作られていたカパという布にプリントしていたそうです。

今回は紙にプリントし、しおりを作りました。下のは3歳の息子が作ったしおりです。

しおりを作り終わってから、ビーチまで行く時間はなさそうだったので屋上プールへ。

夕ご飯は「ジョバンニ・パストラミ」でガーリックシュリンプなどを食べました(合計$80)。ガーリックシュリンプが有名なお店です。ウィンダム・アット・ワイキキ・ビーチウォーク1Fにあります。ホクラニ・ワイキキから徒歩数十秒です。レストランではなく、スポーツバーですが、テーブル席もあるので、子連れでも大丈夫です。日本語メニューもありますよ。食べきれなかったご飯は「to go」をお願いすると、お持ち帰りできますよ。

5日目

朝食;明日は帰国予定なので、あまりものを全部食べました。

一日中ビーチでゆっくり。

昼食;ヒルトン・ハワイアン・ヴィレッジ内「プロント・ピックル」でサラダとカリフォルニアロール(合計$50)を買ってビーチでランチ。

夕食;ビーチから帰り、最後のディナーはシェラトンでディナーブッフェ($55×3人を15%引きで)。ハワイアンミュージックのライブとフラを見ながら最後の夜を楽しみました。

6日目

朝食はあまりもので済ませ、9時にフロントにおりてチェックアウト。

チャーリーズ・タクシーを呼んでもらって、9:20分にホクラニ・ワイキキを出ました。この時はすぐにタクシーが来たので問題なかったのですが、できれば前日までに予約しておくことを勧められました。

10時前には空港につきましたが、ホノルル空港は出国に時間がかかります。小さい子供がいると優先ルートで出国させてくれますが、ハイシーズンで大人だけであれば3時間前には空港へ着いていたほうが安全かと思います。

最後に空港でお土産の買い足しをして、搭乗20分前に登場口へ。

12:25ホノルル発で帰国になりました。

ツアー費用との比較

交通費とホテル代のみのツアーと比較しました。

  • 飛行機代 88000円×3 子供 68000円(燃油サーチャージ、各種使用料、税金含む。公式サイトから並び席が取れなかったので、ツアー会社から予約を取りました。そのため、1人5000円の手数料が取られています。)
  • 空港ーホクラニ・ワイキキ間 タクシー$35×2
  • トローリーバス JCBカード特典で無料

以上が今回のホクラニ・ワイキキ滞在での費用です。合計332,000円+$70

ホテルはツアー会社で同じランクに指定されているもの、その他飛行機は同じものを選択して何社か比較してみました。

  • 大人25万から37万円とばらつきがありますが、どこの会社でもコネクティングルームにすると大人一人3~5万くらい高くなります。
  • 子供の費用は9万から25万バラバラ。

合計金額は998,960~1,126,190円と100万~110万円のあたりに集中しました。

すると約67万から78万円の差が出たことになります。

継続的な収支報告は別記事に記載しております。そちらもどうぞご参考にしてください。

まとめ

ホクラニ・ワイキキはホノルルのど真ん中にあります。立地がとてもよく、お食事も買い物も、にぎやかなホノルルを満喫できます。しかも、大人の足であればビーチまでは5分~10分くらいです。屋上にはラグジュアリーなカバナ付きのプール、ジャグジーがあります。

女子旅や抱っこができるくらい小さなお子さんとの家族旅行、またはお子さんが少し大きくなられてからの家族旅行には特にお勧めです!

ただ、子供用プールは無く、ホクラニ・ワイキキの宿泊者はヒルトン・ハワイアン・ヴィレッジの子供用プールは使用できません。

子供用プールが使用できなかったこともあり、この時の旅の遊びはデュークカハナモク・ラグーンでの水遊びがメインになりました。小さい子供を連れて、ビーチと砂場遊びの準備を持って移動するのはなかなか大変でした。そこで、次回はヒルトン・ハワイアン・ヴィレッジないのタイムシェア・リゾートに宿泊することにしました。

ザ・グランド・ワイキキアンの旅行記はこちら

それでは、いい旅を!

より多くの方にタイムシェアの魅力を知っていただきたく、ランキングに参加しております。応援していただけると励みになります。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村


にほんブログ村

 

 

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ヒルトン沖縄瀬底リゾート宿泊記2 オナーズポイントで5連泊! 

キングスランドのサブプール、おすすめです!

あけましておめでとうございます 2022年の旅行計画

カリアタワー 2018.3

2021年!待ちきれない!マウイ島にもHGVC誕生!!

特典付きHGVCご紹介プログラム