キングスランド(ハワイ島)(2016.10)

使用ポイント

1ベッドルーム 3泊4日 1920P

飛行機

ハワイアン航空

往路;ホノルル10:53発→コナ11:40着 エコノミークラス 8400円

復路;コナ8:14発→ホノルル8:57着 エコノミークラス 7800円

上記に加え、税金、手数料3310円、米国通行税1210円、保安料1220円、搭乗区関税880円が加算され、一人19510円。(子供料金設定なし。大人と同じです。

手荷物料金(片道) 2つ$40(マイレージクラブ会員のため1つは無料でした。)

帰国便

全日空 直行便 エコノミークラス
ホノルル11:25発→成田国際空港14:40着

間取り

51~53㎡と十分な広さ

日程

ホノルル滞在より引き続き

4日目

朝食;ABCストアで軽食を購入。

予約していたチャーリーズタクシーでホノルル空港へ($32)

定刻通り10:53コナ行きのハワイアン航空に搭乗し、11:40にコナ空港へ。あっという間のフライトでした。

コナ空港の開放的なこと!屋根がない!各搭乗口に屋根が付いているくらいで、全体を覆うような大きな屋根はありません。空港の出口を出て、右側にタクシー乗り場があります。案内が出ていますし、待機しているタクシーもありますので乗り場に迷うことはないと思います。

タクシー乗り場前にいる係員のような人に、人数と荷物の量、行き先を告げると、一台で乗れる大きさのものを探してくれました。

ワイコロアという地区にキングスランドをはじめ各種宿泊施設がありますが、敷地が広大です。どこのリゾートに宿泊するか必ずはっきり伝えてください。ヒルトン・ワイコロア・ビレッジはホテルになってしまいますのでHGVCのリゾートとは別になりますよ。

タクシーで溶岩の景色の中をまっすぐに走ること30分から40分。キングスランドに到着です($73)。

チェックインカウンターに日本語スタッフがいますが、おひとりのため少しチェックインまで時間がかかりました。

その間お腹がすいて待ちきれない坊っちゃんは、ババと妹と先にランチに行ってもらうことに。キングスランドにはレストランが1つしかついていません。朝食ももちろん皆さんそこになります。

アメリカのレストラン、なぜメニューは全てハンバーガーなのでしょうね。こちらも例にもれずハンバーガーがメインでした。基本量が多いので、大人一人分減らして注文するのが正解ですよ。そして、どこのお店でも残したら、to goをお願いできたと思います。

 

レストランも開放的でした。奥に見えるのがプールになります。時間限定で、かき氷のサービスもしていましたよ。

 

お腹がいっぱいになったら、お部屋へカートで案内してもらいました。

チェックインカウンターや、プール、レストランがあるメインの建物のすぐそばでしたが、荷物も全部乗せて送ってもらいました。

荷物をお部屋に移したら、早速プールへ。この日はキングスランドのプールで遊ぶことにしました。

こちらも、子供が喜ぶスライダーや滝があります。大人用のプールは大人専用でゆっくり静かに過ごせるように分けられています。

夕食;たっぷり遊んだ後は夕ご飯。

ワイコロア地区にはキングス・ショップとクイーンズ・マーケットというショップやレストラン、マーケットが入った複合施設があります。そして地区内を周遊する無料シャトルバスが15分に1本くらいの頻度で回っています。

キングスランドから無料シャトルバスに乗って、クイーンズ・マーケットまで夕ご飯&買い出しです。

宿泊施設によっては徒歩で行かれる方もいるのかもしれませんが、施設間の道は場所によっては夜は真っ暗です。レンタカーか、シャトルバスで行かれることをお勧めします。

クイーンズ・マーケットに着いたらまずは腹ごしらえ。きちんとしたレストランももちろんありますが、食べたいものがばらばらだった我が家はフードコートへ。

閑散としていましたが、意外においしかったです(笑)牛丼のようなお肉の煮たものがライスにのっているお弁当、ガーリックシュリンプのお弁当、タイ料理のフォーと野菜炒めのようなものを食べました。(合計$53)

食材の買い出し($62)もして、無料シャトルバスでまた帰ります。バスは宿泊棟の前まで行ってくれるのがありがたいです。

5日目

今日はババ、妹は朝早くからハワイ島ツアー、我が家はヒルトン・ワイコロア・ヴィレッジへと別行動。

ババと妹はかなり早くから出発していきました。メインロビー集合でした。

キラウェア火山、溶岩ウォーク

洞窟散策

スバル望遠鏡、サンセット

最後に星をみるツアーだったみたいです。

お昼はハンバーガー、コナコーヒー園にも行ったようです。夕ご飯は星を見る前にお弁当が配られるそうですが、座って食べる場所が少なかったこと、星を見る前に防寒着を着込むそうなんですが、着替える場所がお手洗いしかなく、混雑していたのが大変だったそうです。

こちらはランチのハンバーガー。

 

さて、一方のヒルトン・ワイコロア・ヴィレッジ組は…

水着に着替え、プールの支度をばっちりして無料シャトルバスでいざ出発!

ヒルトン・ワイコロア・ヴィレッジ、うわさには聞いていましたが、でかい!でかすぎる!なんだこのスケール!小さな島国の日本人には想像できない広さです。

敷地内をトラム(電車)と船が走っていて、それぞれの建物をつないでいます。

こちらが船。そして、下の写真の背後に移っているのがトラムです。

圧巻の広さ。プールもいくつもありますよ。

トラムや船に始まり、いたるところに子供が喜ぶ仕掛けがしてあります。イルカや亀、鳥、様々な動物を見ることができました。入った瞬間、まるでディズニーランド!という印象を受けたのですが、それもそのはず、設計者はディズニーワールドを手掛けた方と聞きました。

しかも、現在この一角をタイムシェア・リゾートに変更すべく、工事中とのことでした。こちらの施設にタイムシェアとして泊まれる日ももう近いと思われます。

さて、ヒルトン・ワイコロア・ヴィレッジにはイルカがいます!「ドルフィン・クエスト」。申し込みをすれば、イルカと戯れる様々なプログラムが用意されていますので、ご家族で楽しめますよ。

昼食;今回はドルフィン・クエストは利用せず、外から眺めただけでした。ランチを食べながらイルカを眺められる「ラグーン・グリル」をチョイスへ。

デザート、おすすめを2つもとってしまったのですが、あまりの甘さに息子食べず。ママとパパでコーヒーがぶ飲みしながらいただきました($65)。

へとへとになるまで再びプールで遊んだ後、夕食の買い出しをしてやっと帰路につきました。

夕食;BBQ!宿泊施設の横に、無料で使用できるBBQコンロがあるんです。しかも、前日までに予約しておけばお野菜やお肉を盛り合わせたBBQセットを$50くらいで予約もできたはずです。

我が家はヒルトン・ワイコロア・ヴィレッジの帰りにクイーンズ・マーケットによって、分厚いお肉と、サラダ、串にささったお野菜、ロブスター、ガーリックソルトを購入しました($46)。

調理法はいたって簡単。焼くのみ!

BBQコンロのそばには、溶岩席でできたテーブルがあり、そこで食べれるようになっています。素晴らしい景色と夕日、とっても美味しいディナーでした。(野良猫がいて、結構寄ってきます。いやな方はお部屋でお召し上がりください。)

夜遅く妹とババも帰ってきて、熟睡です。

6日目

朝食;キングスランド宿泊者には、宿泊中一度だけ朝食ビュッフェが大人一人がオーダーすると同伴一人が無料で食べれる優待が受けられます。せっかくの優待なので、使わないともったいない。

大人一人$16だったので、$32で4人食べられます。お得!

キングスランド到着時にお昼を頂いたレストランで、おいしいビュッフェをいただきました。

なんといってもサラダも食べ放題で出ていたのがうれしかったです。山盛りサラダをとる我々日本人家族でしたが、前後のおそらくアメリカ人ご家族はお野菜完全スルー。その代わりカリカリベーコンとスクランブルエッグが山盛り!やっぱり食文化って違うんですね。

その後、全員でヒルトン・ワイコロア・ヴィレッジへ。

キングスランドの宿泊者はヒルトン・ワイコロア・ヴィレッジのプールやラグーンを使用することができます。また、タオルも使用できますので安心してください。

使用方法はチェックインの時に説明されますが、キングスランド宿泊を証明するカードを渡され、それをヒルトン・ワイコロア・ヴィレッジのプール係の人に見せると、当日のみ使用可能なリストバンドを腕に巻いてくれます。そちらを見せればタオルもプールも使用できますよ。有効期限は1日なので、翌日は違うものをもらってください。

上のBBQの写真でパパの左腕に巻いてあるカラフルなバンドがそれです。

プールもメインのコナ・プール以外にいくつもあります。こちらはコナ・プールの端っこのほう。子供用プールになっていて、下は砂浜になってます。周りにはベンチがたくさん置いてあります。

こちらのプール以外にも子供用プールがあり、そこには子供用滑り台、噴水があり、子供たちは大喜び!人口の砂浜もあるため砂で遊ぶこともできました。こちらも周りにはベンチ、日よけがあるためのんびり子供たちを見守ることができますよ。

プールだけでなく、ホテルの正面入り口から入った目の前には、海水を引き込んで作られた大きなスノーケリングラグーンが広がります。海とつながっているので、ウミガメと一緒に泳ぐことができます!

昼食;コナ・プール横の「オーキッド・マーケット・プレイス」で。プールサイドのカジュアルダイニングなので、水着でピザとスープを購入し、プールサイドの屋外席でゆっくりランチ。

夕食;さて、とうとう最後の夜です。

一度お風呂でさっぱりしたら、きれいなドレスに着替えて「レジェンド・オブ・ハワイ・ルアウ」へ。「ルアウ」は「宴会」の意味。ディナーを食べながら、ポリネシアンダンスを鑑賞することができます。開場前から少し並んで、舞台の真ん中、真ん前の席に案内してもらうことができました(合計$534)。

ショーが始まると、前のほうにゴザが敷かれて、子供たちは前で見られますよ。

外のステージですので、ファイヤーダンスも堪能できます。

7日目

楽しかった7日間のハワイ滞在も今日が最後。

朝は残っていた食材でさっと食事をし、お願いしていたタクシーで空港へ。予約をしていたせいか、日本人ドライバーの方が宿泊棟の前まで来てくれました。

最後、空港へ向かう途中で聞いたのですが、ハワイ島は天候が安定しており、晴れの確率が高いため、米国本土からバケーションに来る有名人が多いらしいです。コナ空港の横にはとても広い駐機場が見られるんですが、ハリウッドスターが自家用ジェットで遊びに来たときはそこに停めるらしいですよ。

予定通りの飛行機で帰国の途につきました。

コナ空港からの出国について、詳しくは今後別記事にしたいと思ってます。ホノルル空港からの出国とは待ち時間が全然違いました!注意点含めて記載いたしますので、よろしければハワイ島から出国の記事もご参照ください。

すてきなバケーションでした!

それでは、いい旅を!

より多くの方にタイムシェアの魅力を知っていただきたく、ランキングに参加しております。応援していただけると励みになります。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村


にほんブログ村

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

あけましておめでとうございます 2022年の旅行計画

隔年ポイント制は割高?!-オーナー説明会へ行ってきました

ヒルトン沖縄瀬底リゾート宿泊記2 オナーズポイントで5連泊! 

ラグーンタワー スタジオ

特典付きHGVCご紹介プログラム

ホクラニ・ワイキキ宿泊 旅行記 (2015.10)